浸水域把握

豪雨や台風が直撃した状況下の浸水域を把握し、被災箇所を迅速に特定できます。

浸水域把握の特長

POINT 1

これまでは浸水被害の全体把握が困難で時間を要していましたが、天候に左右されないSAR衛星を用いることにより、早期に、広範囲の浸水した集落、幹線道路の位置を把握し、迅速な支援、損害保険会社における保険適用範囲判断、物流事業におけるBCP対応などにつながります。

POINT 2

海外プラントや海外建設現場など、海外における被災状況も把握可能です。

浸水域の把握

浸水域把握例

2021年8月 佐賀県 六角川氾濫 Capella衛星撮影全体図
左:2021年8月14日撮影Capella衛星画像をベースマップ(ダイナミックモザイク)に重畳したもの。Capella衛星画像から検出した浸水域を青くしている。右:検出した浸水域のみをベースマップに重畳したもの。
©2023 Capella Space. All rights reserved. ©Maxar Technologies

2021年8月 佐賀県 六角川氾濫 Capella衛星からの浸水域検出拡大図
左:2021年8月14日撮影 Capella衛星GEO製品画像 右:検出した浸水域をベースマップ(ダイナミックモザイク)に重畳し、一部拡大したもの。
©2023 Capella Space. All rights reserved. ©Maxar Technologies

その他の製品カテゴリーを見る

衛星画像製品
衛星画像製品
30cmの高解像度光学衛星や、全天候型SAR衛星の衛星画像製品をご提供しています。
画像配信サービス
画像配信サービス
Maxar Technologies社の過去から最新までの高解像度衛星画像をオンラインで利用できるオンデマンドサービスMGP Proをご提供しています。
地理・空間情報製品
地理・空間情報製品
高精度の3次元データや、日本全国を50㎝解像度でカバーするベースマップ、建物ポリゴンデータをご提供しています。
画像解析・情報提供サービス
画像解析・情報提供サービス
衛星画像の解析技術をベースに、幅広い分野でご活用いただけるデータを分析・ご提供いたします。
ソフトウェア
ソフトウェア
位置情報を活用し、様々な分野で業務の効率化や最適化を実現するソフトウェアをご提供しています。

各種お問い合わせ

 衛星画像製品・サービスに関するお問い合わせ等ありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。
  ■衛星画像でどのくらい地上のものが分かるのか知りたい
  ■衛星画像を見てみたい
  ■自社の用途に使えそうか知りたい
  ■金額を知りたい