転用地の抽出(農地転用)


農地からの転用が行われたと思われる圃場を抽出します。調査すべき圃場を事前に特定することで、効率的な利用状況調査を行うことが可能です。

転用地の抽出(農地転用)の特長

POINT 1

事前に要注意地点を確認することが可能で、調査計画・実施の効率化が期待されます。

POINT 2

山間部や囲いのある農地などアクセスや立入りが困難な場所でも、衛星画像であれば一目瞭然です。

衛星画像データから算出したNDVI(正規化植生指数)をもとに植生領域図を作成

※今回の「転用地の抽出(農地転用)」サービスを使った実証実験についてご関心をお持ちの方は「画像解析・情報提供サービスに関するお問い合わせ」よりお問い合わせください。

転用地の抽出(農地転用)例

駐車場への転用事例(イメージ)。
宅地への転用事例(イメージ)。
資材置き場への転用事例(イメージ)。

「よこらぼ」での農地パトロール実証実験 

現地デモ
タブレット

埼玉県秩父郡横瀬町の「よこらぼ」(横瀬町をフィールドに社会実装などを実験できる仕組み)を通じて、2021年2月25日に衛星画像を用いた農地パトロールの実証実験を行いました。全国的にアクセスの困難な山間部の農地の現地確認等が課題となっている中、デジタル化による効率化を見据えての実証実験です。デジタル化により事前準備や現地調査、その後の調査結果の整理・報告・保管での省力化が期待できます。

 今回、衛星画像による目視確認すべき場所を事前に絞り込んでおいた上で、横瀬町の農業委員の方に実際に農地に出向いていただき、衛星画像と圃場情報を見られるクラウドサービス(スカイマティクス社が提供する「いろはMapper」)等を活用した新しい農地パトロールの様子を体感していただきました。

 この実証実験を通じて農業委員会の方および事務局の方よりいただいたコメントを元に、本手法のさらなる改善を図ってまいります


スカイマティクス提供の「いろはMapper」

その他の製品カテゴリーを見る

衛星画像製品
衛星画像製品
30cmの高解像度光学衛星や、全天候型SAR衛星の衛星画像製品をご提供しています。
画像配信サービス
画像配信サービス
Maxar Technologies社の過去から最新までの高解像度衛星画像をオンラインで利用できるオンデマンドサービスMGP Proをご提供しています。
地理・空間情報製品
地理・空間情報製品
高精度の3次元データや、日本全国を50㎝解像度でカバーするベースマップ、建物ポリゴンデータをご提供しています。
画像解析・情報提供サービス
画像解析・情報提供サービス
衛星画像の解析技術をベースに、幅広い分野でご活用いただけるデータを分析・ご提供いたします。
ソフトウェア
ソフトウェア
位置情報を活用し、様々な分野で業務の効率化や最適化を実現するソフトウェアをご提供しています。

各種お問い合わせ

 衛星画像製品・サービスに関するお問い合わせ等ありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。
  ■衛星画像でどのくらい地上のものが分かるのか知りたい
  ■衛星画像を見てみたい
  ■自社の用途に使えそうか知りたい
  ■金額を知りたい