地表面変位量推定

人工構造物や地表面の変位量をmmオーダーで推定、隆起・沈降に相当する変位量を時系列で把握可能です。

地表面変位量推定の特長

POINT 1

沈下や地すべり、地震および火山活動による地表変位(隆起・沈下相当)を、指定の領域・期間におけてミリ単位で抽出可能です。

POINT 2

海外における工事現場周辺や、地下シールド工事や地下水くみ上げに伴う地盤沈下の状態を広域に監視できます。

POINT 3

これまで現地で行う水準測量においては公共用地に限られがちでしたが、民地も含めた広域監視も可能となります。

POINT 4

継続的に監視することで、変化の兆候をとらえることができます。

複数のSAR衛星画像データを用いた地表面変位量の推定

変位量推定例

差分干渉SAR時系列解析 1年の変位傾向を見た例。緑=変位が少ない、赤に近くなる=沈下傾向、紫に近くなる=隆起傾向を示しています

その他の製品カテゴリーを見る

衛星画像製品
衛星画像製品
30cmの高解像度光学衛星や、全天候型SAR衛星の衛星画像製品をご提供しています。
画像配信サービス
画像配信サービス
日本全国をカバーするベースマップJ-IMAGE+ダイナミックモザイクや、データ定額制の衛星画像利用サービスSecureWatchをご提供しています。
地理・空間情報製品
地理・空間情報製品
高精度の3次元データや、日本全国を50㎝解像度でカバーするベースマップ、建物ポリゴンデータをご提供しています。
画像解析・情報提供サービス
画像解析・情報提供サービス
衛星画像の解析技術をベースに、幅広い分野でご活用いただけるデータを分析・ご提供いたします。
ソフトウェア
ソフトウェア
位置情報を活用し、様々な分野で業務の効率化や最適化を実現するソフトウェアをご提供しています。

各種お問い合わせ

 衛星画像製品・サービスに関するお問い合わせ等ありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。
  ■衛星画像でどのくらい地上のものが分かるのか知りたい
  ■衛星画像を見てみたい
  ■自社の用途に使えそうか知りたい
  ■金額を知りたい