国土・防災

衛星画像を解析して得られる情報により地表面変位や土地被覆の把握、ハザードマップの作製、災害発生時には状況のモニタリングなど、都市計画や災害対策に活用いただけます。

国土・防災分野の活用シーン例

ハザードマップ

衛星画像により、家や道路の形状まで把握することにより、避難ルートや、防災拠点の検討などの防災計画に活用できます。

このシーンに利用された製品・サービスはこちら

DigitalGlobe
衛星
  • WorldView-3
  • WorldView-2
  • GeoEye-1
ダイナミック
モザイク
SecureWatch®
ハザードマップ

災害モニタリング

衛星画像の一度に広域を撮影する能力と、過去の衛星画像を活用することで、災害発生時の全般的な被災状況の把握に効果を発揮します。特にSAR衛星を利用すると、悪天候下における状況把握や浸水域の抽出を行うことができます。

災害モニタリング
災害モニタリング

このシーンに利用された製品・
サービスはこちら

DigitalGlobe
衛星
  • WorldView-3
  • WorldView-2
  • WorldView-1
  • GeoEye-1
Cosmo-Skymed
衛星
SecureWatch®

地表面変位量推定

一定の条件を満たす複数の画像を利用することで、指定したエリア・期間における地表面の変位(隆起・沈下)を推定することが可能です。工事予定地周辺の変位傾向や、ビル・橋梁などの既存施設の変位の確認ができます。

このシーンに利用された製品・サービスはこちら

COSMO-SkyMed衛星
地表面変位量推定
地表変化把握

植生域の把握

衛星画像データからは特殊な帯域のデータを利用することで植生域も把握できます。複数の時期のデータを比較することで、個々の植生の活動を把握することが可能です。

このシーンに利用された製品はこちら

DigitalGlobe
衛星
  • WorldView-3
  • WorldView-2
  • GeoEye-1
緑被抽出
SecureWatch®
植生域の把握

土地被覆分類

衛星画像の複数の帯域のデータを利用して、AI・機械学習やオブジェクトベースの解析により土地被覆分類が可能です。
衛星画像の撮影能力を活かして一度に広域の土地被覆分類の把握を実現します。

このシーンに利用された製品はこちら

DigitalGlobe
衛星
  • WorldView-3
  • WorldView-2
  • GeoEye-1
土地被覆分類
SecureWatch®
被覆分類

その他の利用シーンを見る

農業
農業
衛星画像は、広大な農地を俯瞰的に見渡すことで、作付管理・生育状況モニタリング・圃場管理などに活用できます。
地図
地図
衛星画像を応用することで、変化抽出・家形抽出などを活用して、地図データの作成を効率よく行うことができます。高解像度かつ鮮度の高い画像を用いた日本全国ベースマップの提供も行っています。
税務調査
固定資産調査
固定資産税の評価替え時に衛星画像を活用するという選択肢も考えられます。航空写真と比較し、コストが抑えられる点が最大のメリットです。
インフラ
インフラ
高速道路・鉄道の管理業務など、従来からの用途に加え、5G通信や太陽光発電、自動運転など、新たな分野への応用が期待できます。
国土・防災
国土・防災
平時におけるハザードマップ作成や流域管理から、災害発生後の被災状況・地表変化の把握等をサポートします。
環境
環境
衛星画像は、広域を継続的に観測し続けられるという特長をもち、森林や河川、沿岸などの長期的な観測・監視に活用できます。

各種お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせ等ありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。